FC2ブログ


   
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2018 >>
ご訪問ありがとうございます。
プロフィール

Sevoflurane

Author:Sevoflurane
鉄道の話題を中心としたブログです。
Sevofluraneに改名。

最新記事
スポンサードリンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アドセンス
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

由利高原鉄道YR3003 甲種輸送2

   
 こんばんは
 今日も秋田市内は、晴天に恵まれ気持ちの良い一日でした。
今日も昨日に引き続き、3月8日に撮影した、由利高原鉄道のYR3003の写真を掲載します。
 この車両は、愛知県豊川にある、日本車両から1昼夜かけてはるばる秋田まで、輸送されてきました。
 
 
先輩車両のYR2001・YR2002に連結され目的地矢島まであともう一息。

 
 
一旦、薬師堂(矢島)方に移動し、ホームのある4番線に移動。
自分たちは、沿線で撮影のためこの後移動しました。

 
 
先輩車両に先導され、矢島駅にゆっくりと走っていきます。

 
雪原の中をゆっくりと牽引されていきます。(直前まで吹雪いていました。)
豊川との気温の差に驚いていたでしょうね。

 
 
ゆっくりと築堤を上りって行きます。

 
 
もうすぐ線内唯一のトンネル。そこを抜ければこれからの住家、矢島駅です。

 
 
 この後自分たちも矢島駅に向かい、車庫に入るところを見届けました。
 車庫への押し込みは、YR1500が担当しました。
 矢島駅では、ブログでお世話になっている方やフェイスブックで交流している方とも会うことができ、楽しいひと時を過ごすことができました。
 ちなみに写真に写っている、宇宙戦艦ヤマト号のラッピング車両は、3月19日にていったん運用から外れ、新しいラッピングをまとい走ることが決まっています。
 
 由利鉄の甲種輸送の写真は今回でおしまいです。
スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://red-train1977.jp/tb.php/85-3a0ca14c
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。